20170705_1
ぼくは完璧主義者です。

“主義”ってだけで、できないんですが。

一方で妻は
楽観主義者。
おおざっぱで、抜けも割と多い。


最初は気になってましたよ。
いや、最近まで、かな。

はぁちゅうさん、本島彩帆里 (もとじまさおり)‏さんに共感しました。

スクリーンショット_20170705_1



いわゆる「自分のものさし」っていうのかな。

何が正しいとか間違ってるとかないはずなのに、
自分の価値観を相手に押し付けたところで、
相手は納得なんてしないでしょう。

だって価値観が違うんだから。

価値観なんて共有するもんじゃなく、
相手の価値観を受け止めてあげればいいんですよね。

価値観が一緒とか、似てるとか。
確かにあるかもしれない。
あるかもしれないけれど、
それを理由に相手と付き合い始めると
違う部分が逆に気になって関係が悪化する。

違って当然だと思ってれば、
それが相手の個性だと納得できると思うんですが、
どう思いますか?
 
気に入らないなら自分がやればいい。
もしくは相手がしたことだって
「それもいいね」と思えばいい。
 
ぼくはいつも心に留めていることがあります。


相手の心を変えることは、自分が変わることより数倍難しい。


ちなみに・・・

ぴこつとその妻ってどんな人なの?

ぼくよりも妻の方に興味持っちゃった人へ

こんなぼくの妻のマンガ、読んで見ませんか?