どうも、ぴこつです。

マンガ家nikoのファンの皆さん、
すみません。

今回は妻ではなく、
ぼくのネタです。

ぼくも、ちょっとは存在感出します。

なぜなら、ぼくのブログだから。

・・・ね。
たまには許してください。


※ぴこつとその妻(マンガ家niko)って誰?
という方は、まずプロフィールをご覧ください。


ぼく、自分が果たして
何やってんのか
よくわかんなくなってるんですよね。

なので、自分のためにもちょっと
まとめてみたいと思います。

お付き合いください。

1. nikoが健康に対する意識を高める。

20170710_1

引き合いに出すわけじゃありませんが、
最近、マンガ家さんの訃報が
よく耳に入ってくるようになりました。

妻がマンガを描くようになったから
というのもあるのかもしれませんが。

だからというわけではありませんが、
ぼくは常々、

「お前、このままじゃ死ぬぞ」
と言っています。
マンガ家として、
締め切りを守ることは重要事項。

妻も例外なく、
締め切り前には◯ンスターなどの
エナジードリンクをお供に、
追い込みの徹夜作業に


だけど、
これからずっと描き続けるためには、
健康体を保つことが第一です。

言葉では簡単なんです。

「健康第一」

一生のうちに
何回聴くかわからない
こんなセリフ。

小学校の校長先生から
就職先の会社社長に至るまで
どこに言っても
「健康第一」
「健康第一」
もう聴きすぎて
ただのお約束にも聞こえますが、

考えてみたら
自分の夫から言われることって
実はあまりないかもしれませんね。

そしてその健康を保つ上で具体的に
いつも言っていること。

健康に関する注意はいくつもしてますが、
その中でも特に睡眠については
何回も言っています。
シンプルです。

「夜は寝ろ。」 

これが簡単にできるようで
なかなかできない。

でも、本人にも少しは改善する
気が出てきている
と感じています。

→ nikoの真骨頂!矛盾に次ぐ矛盾。 


2. nikoの体調を整える。

20170710_2

これ言うとnikoは怒るかな?
毎日、マッサージしてます。
少なくとも寝る前は必ず。

一応、妻に変わって弁解しておくと、
ぼくも嫌々ではありません。
マンガを描くようになる前から
なんですけどね、これについては。

もう日課になりすぎて、
苦でもなんでもありません。

妻も「美容師」て職業柄、
一日、立ち仕事で足はむくみ
まくってるんです。

ホント大げさではなく
足の太さは通常時の2倍ほどに
なってますねw

それを寝る前にぼくが
マッサージすると
朝には不思議と太さが
戻ってるんですよね。

これが意外と快感(ぼくが)。

そして、足に加えて、
腰、背中、肩、首、頭、腕、手…

て全身かこれ(笑)
もやってますね、だいたい。

あ、何回も言いますが、
(言わされてはいません)
全然苦痛とも思ってません。

妻と雑談しながら手が
勝手に動いてる状態です。

もはや病気かも。ぼくが。

自慢する気は全然ないんですが、

妻には

「これでお店出せるって」

と何度も言われてます。

むしろ妻の背中押すより
そっちで開業しよかな。

3. niko専属メンタルトレーナー。

20170710_3

・・・なんて言うと、
これまたnikoに怒られるか(笑)

今となっては、
ぼくの意思には関係なく
マンガ家として
成長を続けるniko。

同人活動から始めた
マンガ執筆活動ですが、
現在に至るまでには
それなりにいろいろな
経験をしてきました。

その時々で幾度となく
大小の壁に遭遇し、
局面ごとにどう考えるべきか
ぼくの思いを伝えてきました。

まぁでも今は立場的にも
ぼくが偉そうなことは
言えませんがw

それはいいとしても、
お仕事としてマンガを
描くようになった今、
この役目は
もう終わったのかもしれません。

4.「ぴこつ」としての活動

20170710_4

ぼくにとってはここが一番重要なんですよね。
列挙してみます。
  •  ブログを書く
  • 小説を書く
  • 稼ぐ
ブログについてはまだ始めたばかりですが、
こうして執筆を続けています。

小説については、
ぼくが文章を書くのが好きなので、
書きたくなったら書きます。

ちなみに、以前nikoが同人作家時代に
二次創作してたことに便乗して
超短編を描いてみたことがあります。

ご興味のある方はどうぞ↓↓↓

「だめ、ゼッタイ・・・ともかぎらない」


何年も前のことですが、
勇気を出して恥をさらしますw

最後に、

稼ぐ。

これはやっぱり避けては
通れない重要事項です。

ただ、やり方はいろいろ。
今後はなんでもやるつもりですが、
自分のこれまでのキャリアを
生かすこともあるでしょう。

また、新たなチャレンジをすることもある。

将来的には・・・
というか今すぐにでも

好きなことだけで稼いでいく。

これを常に考えています。
今の時代はこれが必ずできる。

自分の子供にも常に
言っています。

「好きを極めろ」
 
そうすれば必ずそれで
稼ぐことができます。
自分もまだ踏み入れていない
未知の領域ではありますが。

ぼくがその基盤を
作ることができれば、

nikoにも

子供にも

その道を示してあげられる。

これはもう、
自分を題材にした実験です。 

でも、必ず何かしらの結果を
出しますよ絶対に。

たとえそれが失敗に終わるとしてもねw


ちなみに・・・

ぴこつとその妻ってどんな人なの?

ぼくよりも妻の方に興味持っちゃった人へ

こんなぼくの妻のマンガ、読んで見ませんか?