プロフィール

【プロフィール】ぴこつがマンガ家とマンガ好きのためにブログを書く理由とは

ぴこつと言います。

こんにちは。管理人のぴこつと申します。

突然ですがぼくは、マンガを読むことが大好き!!

…というわけではありません。

ごめんなさい。唐突に出オチのような告白をしてしまいました。

でも、ちょっと待ってください。実はそこにはちゃんとしたわけがあるんです。
どうかもう少し、お付き合いください。

まずは改めまして、ぼくの簡易プロフィールです。

名前ぴこつ
属性マンガ家プロデューサー(niko専属)
年齢40代
生息地愛知 (2021年8月-)
家族妻(niko)、中学生の娘
サブスキルフリーランスプログラマー(客先に通勤)

妻はマンガ家のniko


↑↑同人作家時代にnikoが描いたマンガ表紙

ぼくがマンガに向き合おうと思ったきっかけはズバリ妻の存在です。
ぼくの妻はマンガ家(アダルト)の「niko」としてマンガを描いています。

妻はぼくと結婚して10年以上になりますが、それ以前からnikoとしてマンガを描いていました。
他の有名なマンガの二次創作による、同人作家です。

ただ、もちろんまだその頃は趣味の範囲での活動であり、売るといってもコミケなどのイベント参加が中心で、とてもそれで稼ぐというような額ではありません。

それに、イベントも年に何回もあるわけではなく、正直なところ趣味の範囲を越えるような稼ぎはありませんでした。

そんな、ただの同人作家だったnikoがなんでプロのマンガ家になれたのかって?


ぼくは、趣味でも人生の中で二次創作を楽しむ妻を、純粋にうれしく思って見ていました。

でも、どうせ自分の絵を描くならと思い、


「オリジナルのマンガを描いてみたら?」


と声をかけてから、彼女の人生は大きな転機を迎えます。


はっΣ(・□・;)


いけないいけない…「ぼくの話」と言ったそばからnikoの話ばかりになってしまいました。

この話は長くなってしまうので、また別の機会にするとして…

とまぁ、そんな感じにnikoの今までとこれからの活動に
イチイチ首を突っ込んでいるのが夫であるぼくなんです(雑)

ぴこつの主な活動

でも!でもですね、少し弁解させていただくと、ぼくとしてもただ見ているだけではありません。

nikoがお仕事をもらう際の契約内容の精査だったり、メールの返信の仕方など契約に至るまでの事務的な処理や確定申告など経理の作業に加えて、nikoがマンガ家として活動していく上でのアドバイスもしています。

つまりは専属のプロデューサーであり、マネージャーです。


あとはそうですね…これはnikoがあまり得意ではない分野で、マンガのストーリーの構成だったり、作中のセリフの掛け合いなどにも一部携わっていたりなんかもします。

nikoが同人作家として活動していた時代からの話ですが、ぼくのストーリー構成やセリフ入れをnikoが気に入ってくれているので、今もその流れでときどき手伝いをしています。

nikoとしても、セリフやストーリーが自分好みになっていることが自身のマンガ制作のモチベーションになるそうです。

ぼく自身も普段では味わえない創作の時間をもらっているので、ありがたいと思っています。

マンガ家とマンガ好きのためのブログ

ここまでが、このブログに関わる人物の話でした。

まずは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

さて、ここからは初めてここに来ていただいた方へのメッセージの本題と言いますか・・・
このブログのコンセプトのお話です。


唐突に続く唐突な質問ですが、マンガはお好きですか?


ここに来ていただいたということは、
少なからず「マンガ好き」「マンガ家を目指している」「すでにマンガ家として活動している」のいずれかとお見受けしました。

もし仮にマンガ好きでなかったとしても、
ここまで読んで下さっているのはマンガにご興味のある方という証拠です!(しつこい)

ただ、色々なマンガ作品を知りたいと思っている方にとっては、もしかしたらこのブログはつまらなく感じるかもしれません。

ぼくが是非、このブログを読んでみてほしいなと思うのは、

  • マンガ家を目指している
  • マンガ家として活動を始めたばかり
  • シンプルにマンガ家の制作に興味がある

という方です。

なので、ちょっとただのマンガブログとは違ったおもしろ味を提供していきたいと思います。

また、妻でマンガ家のnikoの日常だったり、人柄や今に至るまでのエピソードをパロディを交えてマンガっぽいストーリー仕立てにした記事も書いていきます。

あの・・・夫のぼくがここでこんなことをいうのもなんですが、

妻のnikoはひかえめに言ってもおもしろいんです。
少しでもそんなnikoのおもしろさも伝えられればいいなと思っています!

ひょっとすると、時にはnikoのマンガも登場するかも!?…nikoには無許可

なんか最後の方で趣旨がだいぶ変わってきている気がしないでもないですが、

「なんかちょっと変わったマンガ家と夫だな」

って思って読んでいただければ本望です。

ぴこつがこの先に目指すもの

最後に、ぼく自身が目指している理念のようなものをお伝えして〆にしたいと思います。

(”〆”を見て〆切を思い浮かべた方は職業病です。できれば休んでください。)

このブログでは、妻がマンガ家であることもあり、主にはマンガ家さんにとって有益な情報の発信を心がけるつもりです。

ですがその先には、マンガ家に留まらず、世の中のクリエーターの人たちに向けたメッセージをお届けしたいなと思っています。

・・・というのも、今はどんな人であってもクリエーターを目指していける世の中です。

  • マンガ家
  • イラストレーター
  • プロゲーマー
  • Youtuber

手段もいくらでもあります。

ただ、クリエーターとして生きていくにはお金を始めとして、仕事の取り方や契約問題、人間関係など様々な問題を抱えている方がほとんどだと思います。

活動を続けていくために参考となる情報、メンタルや体調管理についての問題解決のお手伝いもしていきたい。

少しでもたくさんのクリエーターに元気を与えられるようなブログを目指します。


長文でしたが、最後までお読みいただき本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!!!