マンガの作り方

創作ということの意味とすばらしさを語ります

こんにちは

マンガ家nikoのパートナー、ぴこつです。

今日は創作ということの意味と、そのすばらしさを語ってしまいます。

ぼくはnikoと同じようにマンガ家を含め、世の中のクリエイターさんを応援しています。

そのクリエイターさんがなぜぼくにとって魅力的なのか。
それを言語化してみます。

創作には年齢も性別も関係ない

世界中にいるクリエイターって、きっと今も何かを創作しています。

そういう人たちが有名になる時、まず最初に作品が出回ります。

『バンクシー』はご存知ですか?

バンクシーの創作物はものすごく個性的で、なおかつユーモアセンスもあり、また見る人に「考させる」ことができるものです。

でもバンクシー当人についてはそのすべてが謎に包まれています。

顔はもちろん、性別、年齢など個人を特定する属性はすべて非公表。

姿だけは見せていますが、仮面をかぶっていたりフードで顔を隠していたり。


でもそんな外見や作者の属性のことよりも、彼(彼女?)が作り出す創作物にみんな夢中になっている。

バンクシーは少し特殊な例ですが、でも著名なクリエイターの作品は個人の名前が特定されていても、その人の創作物で覚えていることの方が多いです。

有名な人でなかったとしても、twitterやinstagramなどSNSで最初に話題になるのはいつも作品の方で、自分ではありません。

その事実が、創作には年齢も性別も関係がないことをあらわしています。

ぼくらはなぜ、そんな創作物に心を奪われてしまうんでしょうか?

創作とは自己表現の究極の形

創作というのは、誰かが作ったもの。

その作ったものは唯一無二の存在です。

たとえそれが誰かの作品の模写であろうが、もしくは贋作であろうが、それはその人自身が生み出した創作物です。単にコピーをして印刷したものでなければ。


自身の手で、時間をかけて作り出したものはその人の唯一のものです。

権利とか法律とかっていう話はしていません。

ぼくが考える創作とはそういうものだということ。

どんな創作物でも、きっとクリエイター自身の何かの意思が込められています。

その意思が何なのかはもう、そのクリエイター自身にしかわからないでしょう。

クリエイターが生み出す創作物は、形のある物とは限りません。

絵画、彫刻、小説、絵本、マンガ、曲。

そのすべてに共通しているのは、自己表現です。

自分の思いを、自分ができる表現方法で創作物に込める。

これが創作です。創作は、クリエイター自身のその時の感情が入り込みます。

なので、その時々で創られたものから受ける印象は変わります。

そこには「良い」とか「悪い」とかは存在しない。

素直にクリエイター個人の自己表現がされているだけ。

それを見る(聞く)観客は、それを受けとるだけなんです。

だからクリエイターが生み出したそれぞれの創作物は見る人によっても印象が違い、「好き」「嫌い」も全員違う。

それこそが創作の魅力です。

創作にはどんな壁も存在してはいけない

創作物について、「不適切だ」という声が上がることがあります。


不適切とは、何なんでしょうか?

ぼくはどんな創作物も、それを表現することを妨げてはいけないと考えます。

クリエイターが自由に表現した創作物を世の中に出すフィールドは、どこかに必ずあるべきです。

クリエイター自らの手で創り出されたすべての作品には、罪などありません。

表現する場所については、選ぶ必要はあるのかもしれない。

そうであっても、その「不適切」としているのは見ている、聞いている側の人の都合でしかない。

クリエイターは自己表現に飢えています。

だからこそ創作を続けるし、作り切るんです。

創作物というのは、作りあげるだけでも難しい。

創作って、そのほとんどが完成する前に捨てられてしまっていると思います。

何もないところから何かを作りあげるというのは、それだけでも本当に価値があるんです。


そんなふうに作り上げられた創作物というのは、どれもがすばらしいと、ぼくは思います。

創作は生きる意味を与えてくれるもの

創作とは、自己表現。

自己表現は、どんな感情の時でも生まれます。

  • うれしい
  • 悲しい
  • 怒り
  • 恨み
  • さみしい

どの感情も、創作に表すことができるんです。

どの感情の時に、どんな創作をするのかはクリエイターによります。

ある人は、うれしい時だけ創作をし、ある人は悲しい時だけ創作をする。

そんな人間らしいところも、創作の魅力だと思います。

でも、どんな感情であろうとクリエイターが創作の欲に突き上げられる瞬間というのは、
『生きている』ということを強く実感しています。

だからこそクリエイターは創作をするし、クリエイター自身が創作に魅了されているんだと思います。

おわりに

今日はなぜか終始、ぼくの思いを「マジメに」淡々と語ってしまいました。

ふだんはもっとふざけた記事ばかり書いている気がするんですが・・・

反省します(どっちを?)

ということでまとめます。

  • 創作はすべての生きる人がしていいもの
  • 創作とはクリエイター自身を表現するもの
  • クリエイターの創作を見る人が阻害してはいけない
  • クリエイター自身が創作に魅了されている

創作は見ている人に魅力を与える。

そんな創作を続けるクリエイター自身もやっぱりぼくにとっては魅力です。

クリエイターの皆さん、

いつも創作、ご苦労様です!

そしていつもありがとう。

ではまた。